Koyama-Kyugu
Mobile WEB

小笠原流礼法教室 体験記

物の受け渡し

今日は物品進撤ということで物の受け渡しを習いました。

まず、膝前にある物を手で持ち、乳通り、肩通り、目通りの各高さで運ぶ復習をしました。

次に本、ハサミ、扇子、団扇などの受け渡しを習いました。 受け渡しする時は、受け取った人がすぐに使えるように渡します。
 大事な事は、物を大切に扱う事、例えば扇子は紙の部分には触らないように骨を持って渡し、開く時も骨を開き、閉じる時も骨で閉じます。
 これらの作法は日常たくさん出てくる事なので、頑張って実践してみようかと思います。 すんなり出来るようにしたいと思います。

小笠原流礼法教室体験記  
No.170 物の受け渡し
No.169 玉串の捧げ方
No.168 神仏に拝する礼
No.167 折り紙でおひな様
No.166 茶菓を出す際の作法
No.165 送迎の礼